dearxoxo in USA

オットと猫と共に1999年春に渡米。

あっけなく…

解散のニュース、どうせガセでしょうと思っていたんだけど。。夢だったらよかったのにって思っても。。けど、本当の事でした。

智担さんとお話して、、5人旅をしたって、ノンストップライブやったって、5人でって続けてきたって、終わるときはあっけなくて、何かのキッカケでガラッと変わってしまうね、って。当たり前なんてのは、ないんだねー、、と。嵐さんだってそれはきっと同じことかもしれなくて、、って。

☆☆☆

でも、変わらないことは、彼ら(SMAP)5人それぞれ、5人でなくなったって、変わらずアタシは応援するし。

キムタクのドラマは嫌いじゃないし、中居くんのMCなどの軽妙なやり取りは絶妙で、彼が司会の番組はいつも安心して見ていられるし、吾郎ちゃんのワインと映画の知識も大したもんだし、つよぽんのブラタモリのナレはすっごくいいしお芝居も好きだし、慎吾くんの演技も大好きヨ。

解散にあたっての、解散に至るまでの、彼らそれぞれがどんなだったかなどなど、メディアなどで散々【書き散らされている言葉】は華麗にスルーして、、自分が実際に見たライブでの彼ら、本当に楽しかった思い出のライブたち、、自分が見て感じたことだけを信じていよう。

2003年夏、SMAPの野外ライブ(@横浜)で聴いた『夏日憂歌』。大好きなこの曲の歌詞 ” 朝陽滲む新たな日に 踏み出す僕は あの夏と何ら変わりはないのさ 追いかけたり負われてたり… けれども守るべき人が今日も帰りを待ってる” 空見上げながら聴いたこの曲、帰りの飛行機の中で何度も何度も聴き返した。もう13年経つんだ。。当時は行き詰まり感や閉塞感に押しつぶされそうな毎日だったから余計に、この歌が心に沁みたのをよく覚えている。

☆☆☆

ホントの所で何があって、今何が起きてるなんて知ることが出来ない。だからせめて、彼らがそれぞれハッピーになれる道を見つけて欲しいし、ファンはそれを望んでいるし。大多数のファンは、彼ら自身がハッピーでいてくれることを願っているんだから。


本音は解散なんて、イヤだけど…


日本中ってのはオーバーにしたって、大多数のファンはそーなんだよ? 犯人探しみたいなこと全然望んでないし、誰かを悪者にしてるような報道は見てて胸が痛くなる。


c0121264_12303294.jpg

青いバラの花言葉は…


青いバラ、かつては咲かせることは不可能とされ、そこから花言葉も「不可能・有り得ない」だったのだが、2004年にサントリーが開発に成功。以後花言葉に「夢 かなう」「奇跡」「神の祝福」これらが加えられたそうです。


ファンそれぞれ、彼ら自身、その夢がかなうことを願ってる…


Blue Rose に願いを込めて。


 

 

 
by dear-xoxo | 2016-08-15 19:08 | いろいろ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31