shingles

先週の月曜日のこと、実家の母親と電話でとてもガッカリなやり取りがあった。
あんなにバイタリティーがあって人のことに口出しし
多方面に動き回っていた母。
それが、今では人の話に全く耳を傾けない、自分以外のことは記憶から本当に消去している。
父との関係も同居はしているが、ただの同居人。
今現在、、誰のことにも興味がない。

私自身、、実は思い上がっていた部分があって
娘の私のことだけは分かってくれているはず、と
いろんなことがあったけれど、きっとそうだと
ずっと思っていた。
でも、違った。

母の中の私は、結婚前の私だけのようで
今現在の私のことは、認知というよりも、興味がないからどうでもいい。
そんなことを思い知らされた一件だった。

詳細は書けないけれども、これには本当に参ってしまって
これまでメンタルをやられる事態になったこと数知れないのに、
翌日、、初めて帯状疱疹になってしまいました。
ちなみに帯状疱疹は英語で「shinglesです。
お腹脇腹背中にかけて細い帯状に。。

病院でドクター、見た瞬間に「shingles!!」(読み方シングルズ)
飲んでる薬が、乳がん治療のタモキシフェンとSLEのプラキニルって言ったら
「あーーー…それはハイリスクね。。」
まあ、だからしょーがないとは言わなかったけれども
免疫機能を落とす薬をダブルで飲んでいるのだから、気をつけなきゃいけなかったんだなあ。。

ただ、小さな発疹出た時点で医者に行けて抗ウイルス薬を飲み始める事ができたので
おそらく軽いと思う。。今は発症して10日目。
痛くて痛くてだるくてだるくてキツくてどうしようもなかったのは終わったようで
現在は痒い!!

そういや母、昔からよく言っていたなあ。
ママはね、興味はない人のことは捨てちゃうの^^ って笑ってた。
なんで笑いながらそんなことを言えるんだろう、、と
ずーっと思っていた。
そりゃストレス溜まらんだろうなあ、、
だから長生きしているのだと、思う。。

祖母は、亡くなる直前まで、私のことだけは分かってくれていて
病院にお見舞いに行くと、とっても嬉しそうに笑ってくれていた。
その思い出があるから、、勘違いしてしまっていたんだなあ。。

母のことを悪く言いたくはないって自分もあるから、、
時間と共に、母娘の関係性も変わりゆくものなんだって
理解しようと思う。

帯状疱疹は免疫機能が著しく落ちてる証拠だから、、
なったと分かって、正直とても怖かった。
今後また病気出ちゃうんだろうか、とか。
まあ、そーやって気に病むコト自体、きっと良くないね。。

c0121264_04465374.jpg
この子らみたいに、のほほんと、、していようと思った。自分の身を守る為…








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村










Commented by もにか at 2018-09-18 06:03 x
読んで私も深く考えてしまったよ。
帯状疱疹その後いかがですか?くれぐれもお大事になさってね
Commented by dear-xoxo at 2018-09-18 12:52
もにかちゃん、どーもどーも^^ 調子は一進一退でなかなかスッキリ!ってなりませんねえ。今日で丸3週間。ひと月はしょーがないみたいよ。。親の事は色んな事情が顕在化する年代だよね、わたしら。。
by dear-xoxo | 2018-09-07 05:01 | 暮らし | Comments(2)