2013年 06月 22日 ( 1 )

オノマトペ

オノマトペ(擬態語 擬音語の総称)ニコニコ大百科より


状況を説明する時、、
「ドーン」「バーン!」「ダラダラ」などなどの擬態擬音語を使うと
バカっぽいからヤメなさい!と、親から叱られたり、、o(´^`)o
(ちゃんとした言葉を使って説明しなさい!とかねー ) ̄ε ̄( )

友達同士でも、こういった擬態擬音語を使って説明してるとー
「祇園(擬音)のオンナ、どすえー」
とかね、そんな冗談を言ったり。。

実際、ドーンだのバーンだの
擬態擬音語ばっかり使ってる説明は、バカっぽいかもしれない、、
が、最近では、そうばかり、ではないらしい。

状態や状況、気持ちをを説明するための擬音擬態語、
そのひと言の中には豊かな情報量が詰まっている、そうだ。
例えば、雨が降る様子を
「シトシト」「ザーザー」コレで、どんな雨かが分かったり
「メリメリって音の後ピッカー!って見えたんだー!」と聞いて想像したり、、
「この仕事、サクッと済ませちゃおう」などなど

擬態擬音語を聞いて想像する、、
この想像する、っていう脳活動が
おもしろいなーと思ったので
ちょっと記事にしてみました。
実際、オノマトペが入った説明をされると
その状況を想像するための脳の活動は
理論的な説明のそれとは違う。のだそうだ。

オノマトペを上手にコトバの中に入れることで
会話ややり取りが豊かになるなら、いいねー。
そういえば、売られている商品も
「もちもちアイス」だの「プルプルゼリー」だの
オノマトペを使用した名前、随分と増えたような。

ところで余談なのだが、、
よく読むブロガーさんいわく
文章を書く際、顔文字や「(笑)」などを使わず
「ちゃんと」文字を使い、その感情を書くことを心がけている、のだそうだ。。
それを読んで(゜Ω゜;)ハッ!!とする(笑)
ワタシの文章、それだらけw

ま、オノマトペにしたって、理論的にしたって
大切なのは『想像力』よね、と納得し
そして、
「しれー」っと続けているこのブログも先月から8年目に入り…
「ボチボチ」ペースで、これからもよろしくねー(^^)


















にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ






by dear-xoxo | 2013-06-22 01:46 | いろいろ | Comments(0)