<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年折り返し

(スマホに最適化の改行…イマイチ)

6月もまもなく終わり。。
半年過ぎるって、ホントに早いなあ015.gif
何があったかな、と思いだしてみる。
年明けて、、やっぱり息子の学校
そして水泳関係での右往左往ばかり
記憶に残っていますが、
先日実家の父の具合が
ちょっと悪くなり、、
腰の手術、アレルギーや
心臓のペースメーカなど
これまでも色々ありましたが
今回は少し深刻。
ネットでその病名をググると、
気が滅入る言葉ばかり
並んでいるので、もうググるの
やめました。

むかーし。。
持病のドクターに言われたのが
「家庭の医学」とか
そういう医学書、
自分の病気に書かれている言葉は
鵜呑みにしちゃ、ダメだよ。
アレは一般論であって
病状はひとりひとり皆違うから。
僕の患者さんで、アレを読んで
泣きながら診察に来た人も
いるから、もう読んじゃダメ!って
言ってるんだから^^ って。
今はネットの情報がすげーことに
なってしまってるので
かつての、その家庭の医学とか、
そんなレベルじゃあ、ないし。

実際に、私の病名、
ウィキペディアで読んでみると。。
ステロイドの服用は、
たとえ病状が落ち着いていても
終生、少量のステロイドを
生涯飲み続け、ステロイドの投与を
やめてみるドクターは存在しない。
…これは、間違い。
私はもう何年も、ステロイドは
飲んでいないし
国際的コンセンサスとなっていると
書かれているが、
少なくとも、私がかかっている、
アメリカのドクターは
ステロイドを何とかやめる方向に
持って行こうと考えてくれた。
必要ではない、と診断されたら
ステロイドは切ることが可能、
私の場合はね。
だれか、ウィキペディア(そこの部分)
書きなおしてくんないかなあ。
あの書き方だと、
誤解されるんじゃないだろか。

それから、最近気になっているのが、
動物たちの悲しいニュース。
その中で、
殺処分という、残酷極まりない状況
安楽死、って誰が言ったか
知らないが
二酸化炭素での窒息死であって
苦しませて殺すわけです。
この記事にもそのことが
書かれてあります。

ここを読むと、ホントにこういう
取り組みは、人の善意にのみによって
成り立っていて
国として、どーなんだ?と
ギモンいっぱい。
誰かがやってくれてるから、
いいじゃん。
国としては他に忙しいんだと
放ったらかしですかい。

とにかく、避妊を徹底することと
家族に動物を迎えようと考えたら
引き取り手のないシェルターから。
殺処分は、減らすんじゃなく
なくすこと。
小さなことからコツコツと、、
ブログのつぶやきから、
何かが始まってくれたらと
希望を込めて、書きました。


c0121264_04521276.jpg

オレだって、シェルターから来たんだ



c0121264_04520263.jpg

殺処分、ゼロ!!!






























にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





by dear-xoxo | 2015-06-29 04:55 | 暮らし | Comments(0)

( ・_・)

自分が飲んでいる薬のことを調べようとググっていたら、、
去年やっていたドラマ『ディア・シスター』
石原さとみちゃん演じる女の子の病気が
思いがけずヒットしてビックリ(笑)
そ、そうだったのかw 同じ病気の主人公なんて
どんな風に描かれているのか
今更だけど−、ドラマ見てみよう^^

ストーリーのクライマックス、
出産は帝王切開になって、ってあらすじに書いてあったけど
そういや、私も緊急帝王切開で息子を出産した。
定期健診で診察に行ったところ、母体の状態が良くない、
(エコーでみたところ)胎児の頭の大きさは十分だから、
「このまま入院して即出産」と宣告され、ストレッチャーに乗せられ病棟へ。。
陣痛促進剤を入れ、子宮の収縮で陣痛はひどいのに
子宮口が殆ど開かず
そのうち、胎児の心拍数がどんどん下がってきて
このままではあっちもこっちも危ない、ということで
急きょの帝王切開。無事に生まれてくれましたとさ♪

帝王切開はコチラでは通称 C-section(シーセクション)と言う。
通常分娩だろうが、帝王切開だろうが
出産の仕方で何かを言われた覚えは、ないのだが
日本だと こんなことも起きている と記事で読み
あらまあ、、びっくり。
産みの苦しみを味わうことなく出産すると
こんな言われよう?
ひどいなあ。。007.gif
頑張って産んだのに、普通分娩じゃないって理由だけで
この言われよう、、

あっちの命もこっちの命も救うため、
お母さんのお腹をズバッと切り開いて取り出した命。
ちなみに、麻酔が効いていて、痛みが遠のいているとは言え
意識も感覚もあるので、お腹から赤ちゃんをズボッと取り出された時の感触wは
今でもよーーく覚えています(笑)
もうひとつちなみに、出産直前、病室にひとりのドクターがやって来て、、
「出産後、アナタの胎盤を、研究のために寄付をして下さい」と。
私とオット →→→ 「(゜∇゜ ;)?」
どうやら、ステロイドを17mgとヘパリンを投与されていた私の胎盤を
同じようなことで苦しむ患者に役立てるための研究に、ということだそうで
どーぞどーぞ、なんぼでも、とサインをした。

どうやって生まれてこようとも
無事に出産出来たのならそれで万々歳なのにね。
もし、帝王切開がない時代だったら
私も息子も、この世にいなかったわけだし。
傷つく必要なんて、絶対にない。
…と、思いますよ。


c0121264_09275683.jpg
「そーだそーだ〜」





























にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




by dear-xoxo | 2015-06-13 09:59 | 暮らし | Comments(0)

トニー賞

『バァー−ん』って音がしたので行ってみると。。

c0121264_11221133.jpg

万年腹ペコ王子のメイが、トッピングの↑↑↑コレ欲しさに暴れた様子。。


c0121264_11224338.jpg

音に驚いて、ぶっちゃけたまま、机の下に逃げてみる…((((((((((`▽´;)スタコラサッサ…

さてさて。
トニー賞の発表がありました^^
謙さんは残念ながら最優秀主演男優賞は逃しましたが
ノミネートされただけで、もう驚きでした。
今後数年、いや、もしかしたら数十年先まで
日本人が主演賞のノミネートなんて、ないんじゃないでしょうか。。

名前こそ日本名だけど、生まれも育ちも海外で
日本語は、ワカリマセンっていう日本人じゃなく、
フツーの日本人の彼が、英語がネイティブでない日本人が
ここまで来るなんて、本当にスゴイのひと言。
その英語について批判があるとかないとか記事で見ましたが、、

先日放送された、譲さんを半年間追い続けた
プロフェッショナル仕事の流儀を見て、
すべてを乗り越えて演じる彼の勇気に
感動でした。

1987年の大河ドラマ・独眼竜政宗は、本当に本当に毎週楽しみで
家族で必ず、見てたのを思い出しました。
実家は商売をやっているのだけれども
日曜日の営業時間は、夜7時までで
シャッターを下ろして、そこから夕食の準備、、
長女の私は、子供の頃からお手伝いは当たり前(^_^;)
バタバタやりつつ、、8時のスタートに合わせて
夕ご飯の支度を終える、っていうのが毎週でした。。
だから、家族で御飯を食べながら、この独眼竜政宗も見てたなあ、、と
ああ、なつかしい023.gif
余談だけど、今年の大河ドラマはひどいねー。。
もちろん、もう見ていないけど、あと半年も続くのか。。
来年を楽しみにします。

プロフェッショナルの中で
稽古の場面、演出家のバートレット・シャー氏が
「リズムが良くない、歌詞がバラバラだ
 リズミカルにやろうとするのではなく
 生き方を考えながら
 ぶつける感じで」
と、謙さんに指導する場面。
膨大な量の英語のセリフ、当然、ただ喋るだけじゃあ
もちろんないだんよなあ、、

ラストサムライ(2003年公開)の仕事を引き受けるまで
謙さんは英語がほとんど話せなかったそうだ。

恥をかくのは誰でも嫌だし、できれば避けたい。

母国語以外の言語、四方を海で囲まれたニッポンでは
日本語だけ話せれば事足りるし
一生、他言語は必要ないだろう。

でも、そこを飛び出すなら、
大恥をかいて、かきまくって
心がボキボキに折れても
そこから立ち上がるだけの
強いメンタルが必要に、なってくる。
若い頃ならともかく、、
40を過ぎて、それをするのに必要なのは、、
勇気以外のなにものでもないね。。

私に一番足りないものは、勇気だな、と
プロフェッショナルを見ながら思いましたね。。

最優秀主演男優賞は逃したかもしれないけれども
この挑戦から得たものは、ハンパないんじゃないかなって^^
私はただの、いちファンですが
感動と勇気をありがとうって、伝えたい。
で、ニューヨークに、観に行きたいなあ、、って
すごーく思うけど、ムリだろうなあ。。
けど、観たい、観たかった。。015.gif

ちなみに、Lincoln Center Theater のウェブサイトによると
公園は、来年の1月3日まで!w( ̄▽ ̄;)w ロングランだねー。
ただ、謙さんは7月半ばまで、だそう。

トニー賞授賞式では、劇中のShall we dance?
をパフォーマンスしたんですが、もう見てるコチラはドキドキで((((o゜▽゜)o)))
でっ! 謙さんは受賞を逃したのだけれども
アンナ役のケリー・オハラさん、最優秀主演女優賞を受賞!
この、受賞スピーチが、とってもよくて。
嬉しかったんだねー。。最後は踊りながら、舞台ソデへハケてゆきました。。
可愛かった♪

LA Times のウェブサイト
そこからの画像引用 スクリーンショットです
c0121264_13323741.png

謙さん、すごいね! I'm so proud of you~! 




























にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





by dear-xoxo | 2015-06-08 13:34 | 暮らし | Comments(3)